30日間ダイエットチャレンジしてみました

低糖質ダイエットとヨガでどれだけお腹痩せできる?

瞑想のリトリートが無事終わりました

1週間の瞑想のリトリート(合宿のようなもの)から帰ってきました。

デンマーク、フランス、ドイツ、オーストラリアからの5名の参加者人と共に 生活しながらのリトリートでした。

キッチンでは、カナダやアメリカからのボランテイアの方たちが 毎日おいしい料理を作ってくれていました。

この1週間は、沈黙を守り、おしゃべり禁止になっていたのですが、 1週間を終えて、感じたことは、 言葉を交わさない方が、逆に、相手をより感じることができるということでした。

言葉を交わして、相手を知るとき、相手のストーリー、つまり 今までどんな経験をしてきたのか、とか、好きなもの、嫌いなものは何か などの情報を得て、相手をわかったような気持ちになりますが、 言葉をかわさずに、相手の存在だけを感じながら1週間過ごしてみると、 ストーリー以前の、相手の素の部分とつながれるような感じがしました。

沈黙の時間が終わって、最終日にみんなと話し始めてみると、 ちょっとした言葉の上での誤解があったときでも、 言葉の方より、相手の存在の方を信じていたので問題には なりませんでしたね。

キッチンで働いてくれていた人たちに対しても あったかくて、大きな愛を、沈黙の中で感じていました。

瞑想のプラクテイスでの学びも多かったですが、 沈黙の中で、仲間たちとのつながりを通じて ハートが、ほかほかする経験ができたことが、 とてもよかったです!