30日間ダイエットチャレンジしてみました

低糖質ダイエットとヨガでどれだけお腹痩せできる?

インドで下痢になったら・・・

インドで下痢になったら・・・ ココナッツジュースを飲みましょう! これが、インドで、アドバイスされたことです。 DSCN5348.JPG 下痢・・・インドに来たら、誰もが経験する可能性が高いですよね。 私は、ずっと「いっぺんも、お腹こわしたことない!」と自慢していたのですが、 12月に、とうとう食中毒になってしまいました。 友人宅に招かれて食べた生野菜と水がよくなかったみたいで、 その日から、ものすごい激痛と熱と下痢で、2日間、全くベッドから出れず、 完全に回復するのに1週間はかかりました。 自分で調理するときは、とても気をつけているので、大丈夫だったのですが、 友人が「ベジタブル・寿司」をご馳走したい、といったとき、確かに不安はあったものの 招かれた以上、食べないわけにはいかないですよね。(笑) 友人は長年インドに住んでいる人で、きっと一緒に食べたものでもあたらなかったんだと思います。 先日、別の友人が同じように、近所で食べたご飯が古かったようで、 食中毒になり、高熱と下痢の症状が出ていました。 そして、薬を買ったり、食べ物を買ったりして、看病したのですが、 やはり、このときも、薬屋さんで、ココナッツジュースを勧められました。 DSCN5351.JPG 「インドでは、下痢になっても、病院にはいかないよ。 ココナッツジュースを毎日2回飲めば、数日で治っちゃうよ」 とのこと。 とっても感心したのが、ココナッツジュースを買ったとき、 「持ち帰りで!」 と伝えると、2つのココナッツの皮を棒状にさいて、 結んで、運びやすくしてくれたことです。 う~ん!すごい!!賢い!!! 買う前は、重いし、どうやって、友人の部屋まで運ぼうかな、と考えていたのです。 (普通は、フタをあけるかんじで、ココナッツの皮を切って ストローをさして、渡してくれ、その場で飲みます) 上の写真は薬屋のおじさんが、ココナッツをこんな風にして持つんだよと デモンストレーションしてくれました。 顔はイカツイですが、 「日本人はインド人と考え方が似ていて、 年上を敬い、フレンドリーでいい人たちで、本当に大好きです」 と、とても日本びいきしてくれてました。 「今度また、うちに遊びに来てください。うちの子供たちに会ってください。 家族みんなで、あなたをお寺周りに連れて行きます。 ぜひ連絡くださいね。」 会ったばかりなのに、いきなり、こんなにもフレンドリーに接してくれました。 インドでは、たいていどこにいっても、日本人と言うだけで すっごくフレンドリーになってくれます。 これまで印象をよくしてくれた、日本の先人たちに感謝です!