30日間ダイエットチャレンジしてみました

低糖質ダイエットとヨガでどれだけお腹痩せできる?

インドの映画俳優、阿部寛!

DSC09632.JPG インド映画を見に行きました。 インドのこてこてな濃~~い映画、”マサラムービー”は、 1.アクション 2.恋 3.笑い 4.ダンスと歌 の要素が必ず入っていて、たっぷり3時間のエンターテイメントです!! タミル州が独自で作っている映画、タミルムービーはとても質が高くて、 違う言語に翻訳され、別の州でも上演されるほどの人気ぶり。 タミル語がわからなくても、たいてい単純なストーリーなので、大筋は理解できますよ。 今回見たのは、今、人気急上昇中の、タミルムービーのヒーロー、スーリヤ主演の映画。(ちなみに、スーリヤとは、「太陽」の意味) この、スーリヤさん、阿部寛さんに似てませんか?! (確か、阿部寛さんに似た俳優さん、ケララムービーでも見たんですよね。 もしかすると、阿部寛さんは、インドのイケメンの最大公約数なのかも!?) 数年前まで、インド映画と言えば、梅宮辰夫さん系のヒーローが多かったように思いますが最近は、現代風な方が登場している印象を受けます。 3時間もあるので、途中で休憩時間が入り、みんな外に出て、チャイを飲んだり、スナックを食べたり、トイレに行ったり。 そして、インド映画の見どころと言えば、ダンス!! ちょっと時代遅れな、70~80年代風の振り付け。 そして、ヒーローかヒロインが、空想にふけっているかと思うと、その空想は膨らみ ストーリーの流れは全く無視したまま 舞台はエジプト、中国、ヨーロッパ、海、高原と次々と変化。(空想なのでね・・・) 突如、どこからともなく、100人くらいの人が現れたり、 後ろを普通に歩いていた通行人たちが、バックダンサーに早変わり。 一斉にその100人くらいのバックダンサーたちとともに、ヒーロー、ヒロインが激しく踊りだす。 これが、ストーリーの途中、途中で、何度か挿入されます。 この脈絡のなさ、ありえない展開に、初めて見た人は度肝を抜かれることでしょう。 (私は、ありえない、ありえない!とつぶやきながらも、このバカバカしさが、大好きで、すっかりはまっています!) (そうそう、思い出しましたが、実は、私もおととし、マイソールの舞台で踊ったんですよね!インド人ダンサーたちと、ボリウッドダンス。くくく・・・初めての経験で、それっきりですが、あの素早くて面白い動きが体験できて楽しかったですよ~。時々、友人の前でちょっとふざけて踊ってみせると、みんな大笑いです) あと、時々、外国人のエキストラを募集しているらしくて、 私の友人も数人、参加したことがあるそうです。 その映画を見てみたいけど、まだそのチャンスに恵まれていません。 みなさんも、インドに来た時、チャンスがあるといいですね~ ちょっとした出演料ももらえるそうですよ。 ぜひ、一度、みなさんも、インド映画見てみてくださいね!面白いですよ! 日本でも、ビデオ屋さんで1,2本手に入れられるかもしれません。 (日本でも有名になった、ムトゥ踊るマハラジャも、実はタミルムービーです!)