30日間ダイエットチャレンジしてみました

低糖質ダイエットとヨガでどれだけお腹痩せできる?

インドの禅センターについて(2)

さて、禅センターについて、もう少し追記しておきます。 ここに来ていた人達は、20代から70代までの、ほとんどが欧米、オーストラリア、インドからで、 東アジアからは私だけでした。 いろんな国籍の、いろんな年代の人たちと一緒に、 禅のお経(日本語だったり、パーり語だったり、英語だったり・・・ お経を、木魚を叩きながら読むんですが、英語なんですよ。それが妙に笑えました。 Form is emptiness, empiness is form と、抑揚のないリズムで読むんです。好きでしたけどね) を唱えて、一緒に座禅を組むというのは、ほんとに楽しかったです。 職業も様々でした。ヨガインストラクターの方も、ブラジルからと、ニュージーランドから来られていましたよ!二人とも、インドや他の国で、ヨガを熱心に追求さていて、話しが盛り上がりました。 他には、ビジネスコンサルタント会計学の先生、宗教の先生(学校の科目としての)、英語の先生、 コミュニティをマケドニアで作ろうとしている20代の若者、マッサージセラピスト、お坊さん、 仕事をリタイアした方など、様々でした。 30人ほどが一緒に生活していますが、とても楽しく、快適に過ごせましたよ。 長期滞在しても、苦にならないと思います。 私はかなり、自由が大事と感じる方ですが、それでもダイジョウブでした。 あと、感じたのは、同じスピリチュアルの追求をしていても、 全く話が合わないこともあるということ。 自分が住んでいる町では、ラマナの考えに傾倒している人がほとんどなので、 一言、二言いうだけで、話はすぐに通じるんですよね。 しかし、ちょっと違うところにいくと、こういう場所でも、 かなり考え方が違うんだなあということを思いました。 しかし、議論をしても仕方がないので、あまり深いところには触れず、 お互いの存在や、文化、お互いの国や家族、友人の話やジョークなどで 盛り上がりました。 休憩時間のおしゃべりと、座禅の時の静けさ、真剣さ、 その繰り返しが、とてもよかったです。 また、一週間に一回、沈黙の日、そしてもう一日はフリーの日などもあって 規律と自由のバランスが絶妙で、いいんですよね~ ここに通っている人は、大好きで10年以上という方も、ちらほら。 すごく居心地がいいし、楽園のように美しいし、清潔だし、ご飯は美味しいし、 インドではなかなか見つからないようなところだと思います。 私もまた来年あたり、行きたいなあと思っています。