世界を旅するKyokoとCherrinのシンプル生活

30日間ダイエットチャレンジしてみました

携帯電話を持たない生活のススメ

私は日本を出てインドに行った6年前に、携帯電話を解約して以来、日本では携帯電話のない生活をしています。 (インドでは持っていた時期も)

解約した日の、自由で清清しい気持ちは、今でもよく覚えています。

「携帯電話を持っていない」というと、びっくりされる方が多いようです。

世間を見渡してみると、みなさん、携帯電話なしでは生きていけないような感じになっているようなので、その反応も納得できますね。

誰かと喋っているのに、常にメールが来ていないか、そわそわチェックしたり、 一緒にいる人をそっちのけで、メールの返信に忙しかったり、 自転車に乗りながらでも、ずっといじり続けている人たちを見かけると、

携帯電話に支配されてるな~

という気がしてきます。

道具を自分が必要な時に使うというよりも、まるで道具に使われている。 全く、道具の奴隷のようになってしまっているように見受けられます。

その姿は、依存心や心の弱さも露呈します。

携帯のことなんか、いつもほったらかしにして、気にしていないような人が、飄々としていて、かっこよく見えますね。

ここまでは精神論ですが、

しかし、実際のところ、携帯電話がなくて、本当に困らないの?  と思われる方もいらっしゃるでしょうので、実践的な話をしたいと思います。

私からは、ほとんど電話をかけることがないので、その点では困りませんが、誰かが私に電話をする必要がある場合や、何かの書類に電話番号を記入することが必須である場合など、電話番号がなければ困りますね。

携帯電話の束縛からできるだけ逃れながらも、そういった問題をカバーする方法を、いろいろ調べて見つけ、 1年前に帰国して以来、私はその方法で生活しています。

それは・・・

スカイプで、電話番号を買うんです。 そうすると、この番号に電話が入ると、インターネットを通じて電話を受け取れるようになっています。

日本と海外を行ったりきたりしている人には、特にお勧めの方法です。 わずかな料金ですみ、毎月の支払いの縛りも、違約金もないからです。

外国から日本へかけても、日本から外国へかけても、とても安いです。

相手がスカイプを持っている人なら、無料で通話ができます。

こんな形で電話と付き合っている人は、まだ少ないかもしれません。 おかげで、私の番号は 050 で始まるのですが、 事務手続きなんかで、それを伝えると、「050?なんですか?この番号!?」って怪しまれてしまいますが・・・あはは(^^;)

スカイプをご存知の方はきっと多いでしょう。

ところが!

海外へ電話をしょっちゅうかける人にとって、スカイプよりも、すごいものを見つけました。

それは、google voice から電話をかける方法です。 google のメールIDを持っている方は、使えます。 インドへ1時間かけても、約200円ですみますよ。

何か自分が依存するものを1つ手放してみる -

すると、心身ともに、より軽く自由に生きられるようになります。

「携帯電話がなければ、生きられない」というのは、本当か? もともと、なくても生きていたんですから、もちろん、それは本当ではありません。

「なくては生きていけない」と思わせているものは何か? そして、そう思わされている自分を自覚すること。

思い込まされていることから1つ1つ、 自分を自由にする方法を手探りで探しながら進んでいきたいですね。