30日間ダイエットチャレンジしてみました

低糖質ダイエットとヨガでどれだけお腹痩せできる?

シャイで人見知り、あがり症の人の長所とは?

ヨガインストラクター養成通信講座にこられている生徒さんたちと
個人的にお話ししてみると、
とてもシャイで、人見知りで、人の視線が苦手、顔を見て話すのが苦手、あがり症
という方がとても多いようです。
だから、大人数のヨガクラスよりも、自宅で気軽に一人でやりたいと思って通信講座に来られているのかもしれません。
でも、このような性質を欠点だと思わないで、
長所ととらえてみてはどうでしょうか?
長所として挙げられる点はたくさんありますよ(^^)
まず、一つ目は、
自分と向き合うことが得意ということ。
ヨガインストラクター通信講座は、自分と向き合い、たくさんの心理ワークや、瞑想のエクササイズを通じて、心について理解したり、自分というものを深く理解したりしていきます。
このようなワークをコツコツと楽しく続けられるのは、こういった性質の方です。
視点が外に向いていない分、自分自身と上手に向き合うことができるというのは、長所だと思いませんか?
多くの成功者たちは、自分自身と向き合うということを通じて、他の誰もが達成できなかったようなことを達成されています。
例えば、スポーツ界の選手たちも、自分自身と徹底的に向き合うことで、壁を乗り越えていますよね。
次に、
自分と向き合うことが得意というのは、
瞑想が上達する素質があるということ。
瞑想というのは、単純に言えば、自分と向き合うことに他なりません。
自分一人ですごすことが心地よい、安らぐというのであれば、
瞑想がきっと楽しめるはずです。
外交的な人には、瞑想は退屈で、意味がないように感じるものなのです。
一時は、瞑想が気持ち良いと感じても、すぐに人と戯れに行かなければ、心地悪くなってしまうでしょう。
だから、シャイで、人見知りで、あがり症の傾向がある方にとって、瞑想を継続的に続けていくことは、とても楽だし、心地いいのです。
自然と上達していくでしょう。
自分の欠点を長所だと捉えて見直してみると、どんな変化がありますか?
自分の性質を理解して、それに逆らわず、上手に活かしましょう!
あなたと反対の性質の人にはできないことが、あなたにはできるのですから!