世界を旅するKyokoとCherrinのシンプル生活

30日間ダイエットチャレンジしてみました

いつも苦痛で我慢していたイベントが楽に感じられるようになった

ヨガインストラクター養成通信講座の受講生より感想をいただきましたので、シェアさせていただきます。 ありがとうございます。 (受講生より) こんにちは、アドヴァンスコース12週間を終えての気づきや発見したことのご報告です。 風邪で寝込んでから、気持ちも体も元気になりました。 まだ眠かったり、休みたかったりするのですが、「体に必要なだけ、休みましょう」と、まずは休んで、そんな自分を受け入れて過ごしています。 私は忍耐強いほうだと思っていますが、これもブラジルでの生活がより私を鍛えてくれました(笑)。そして子育ても。 ただ空腹、寒さ、暑さ、そして蚊や虫が多い環境が苦手のようです。 それでも、やはりブラジルで生活しているとこのような環境下で過ごすことがよくあり、徐々に慣れるのではないかと思っています。 5月は母の日がありました。毎年、ブラジルの学校では母の日はとても大きなイベントとして扱ってくれてまして、ただ私としては正直この母の日のイベント参加が苦痛でした。 いったいどんなことをやるのか、ポルトガル語をちゃんと理解できるか、周りから浮いてしまわないか…、など不安の中我慢して参加してました。 今年もまた母の日のイベントがありました。そして今回はその事を考え込んで心配しすぎないように、できるだけリラックスして参加しました。 会場について周りを見回すと、確かに子供のママ同士話で盛り上がっている人もいましたが、話もせずに我が子を見守っている人たちもいました。 子供を見に来たのだから、話をしようとしまいと、それぞれ好きに過ごせばいい訳で、改めてそこに気が付き、私の肩の荷もすっかり降りました。 そして子供の成長を感じ、今を楽しんで来れました。 毎年、母の日イベントが終わるとグッタリとしていたのに、今年はこんなに簡単に終わって拍子抜けしたくらいでした。 最近、今の生活に満足しているからか、積極的に人と会いたいと思わなくなりました。 新しく誰かと知り合いたいとか、話したいとか…、嫌という訳ではないのですが。 閉鎖的になっていることはないので、このまま見守っていこうと思います。 アーサナをするとき集中がかけてきてしまっています。力まず、しかし丁寧にアーサナをしていこうと思います。こちらも自分を責めないで、楽しい気持ちになるのを待ってから…、でいいのですよね?! もうアドヴァンスコースも半分を終了してました。これから後半も大切に、全てのことは自分のために演劇してくれていると見ながらやっていこうと思います。 感謝をこめて (センターより) こんにちは。ブラジルからのご報告、いつもありがとうございます。 いつもはぐったり疲れる母の日のイベントが毎回来る前は憂鬱だったでしょうね。 でも、もう次回からは何とも思わずに気軽に参加できそうですね! >ただ空腹、寒さ、暑さ、そして蚊や虫が多い環境が苦手のようです。 それでも、やはりブラジルで生活しているとこのような環境下で過ごすことがよくあり、徐々に慣れるのではないかと思っています。 ティティクシャの章ですね。 日本は、とてもすごしやすい環境で、外国に行くと、慣れずに大変ですよね。 私もインドを思い出します。 これらも越えていけるようになるといいですね。 >最近、今の生活に満足しているからか、積極的に人と会いたいと思わなくなりました。 新しく誰かと知り合いたいとか、話したいとか…、嫌という訳ではないのですが。 閉鎖的になっていることはないので、このまま見守っていこうと思います。 満足しているのはいいことですね。 特に、今アドヴァンスコース1の講座をされているので、自分自身と向き合うことを大切にされている時期だと思います。 アドヴァンスコース1のテキストの中にオープンネスについてもありますが、外内とのバランスも時々取りながら進まれてください。(瞑想をしすぎてるなと思ったら、外に出て活発に動いてみるなど) >アーサナをするとき集中がかけてきてしまっています。力まず、しかし丁寧にアーサナをしていこうと思います。こちらも自分を責めないで、楽しい気持ちになるのを待ってから…、でいいのですよね?! はい、そうですね。 力まず、丁寧に、自分を責めないで、楽しく・・・ それでいきましょう! また感想をお待ちしておりますね。